仏 像と仏師の世界 日本の仏教美術を今日に伝える名仏師たちとその作品 仏 像彫刻の鑑賞に役立つ知識情報も満載

  • 仏像コミュニティ ぶっこみ!
  • 仏像彫刻入門セット(DVDつき)
  • 仏像彫刻プロ仕様セット
制作技法
 

彫刻の技法は使用する材質によって、盛り上げて造形するものと刻み込んで造形するものの二つに大別されます。前者は塑像、乾漆造などで銅、鉄などの金属造もこの技法にふくまれます。後者には木造、石造などがあります。

金銅仏

溶かした青銅を型に流し込んで作る鋳造像。表面 には鍍金をします。金銅仏がもっとも流 行った飛鳥〜天平像は蝋型がほとんどを占めていました。土で原型を作りその上に蝋をか け彫刻を施します。この蝋型を土で焼きしめると蝋だけが溶け空洞ができるのでそこに溶 かした銅を流し込みます。冷やした後に外側を壊すと、彫刻があらわれます。金・銀・鉄 仏も同様の方法で造られます。

乾漆像

漆を厚く塗り固めて作るもので脱乾漆と木芯乾漆の2種類があり前者の方が古い技法です。脱乾漆は土や粘土で大体の形を作り、その上に麻布を貼り付け、漆で塗り固め、造形します。乾燥後に像を割り、中の土を取り除き、木芯などを入れて、乾漆の収縮による像のゆがみを防ぎます。空洞部分が多いので軽いのが特徴です。 木芯乾漆は木で原型を造った上に麻布を漆で張り固めたものです。脱乾漆に比べて重くな ります。

塑像

盛り上げて造形する技法の代表で白鳳〜天平時代に流行した粘土で造る像です。木をくんで心木を作り縄を巻いてから土を2〜3層に分けて盛り造形します。モデリングが容易で制作費が安いのが特徴です。

木彫像

一本の木材から制作する一木造りと数本の材を組み合わせで造る寄木造りに大別され、平安初期までは一木が、それ以降は寄木が多くなりました。香木や霊木など貴重な木で造られる壇像はほとんどが一木です。
寄木造りは巨像でも大木を必要としないので運搬も容易で分業も可能な効率のよい制作方法です。日本の仏像の大半は木彫像です。

石像

海外では仏像といえば石仏というほど大石仏の作例が多いですが、日本ではそれほど多くありません。
それは日本には巨岩がなく、石造文化が栄えなかったからです。
それでも野仏はかなり造られてきましたが、石がもろかったり風化したりし、また露仏が 多いので比較的保存も悪いです。
その場所にある石に直接彫刻する場合と、切り出してきた石を彫刻する場合があります。

 
お問合せ