仏 像と仏師の世界 日本の仏教美術を今日に伝える名仏師たちとその作品 仏 像彫刻の鑑賞に役立つ知識情報も満載

  • 仏像コミュニティ ぶっこみ!
  • 仏像彫刻入門セット(DVDつき)
  • 仏像彫刻プロ仕様セット
仏教の主な宗派
 
天台宗
宗祖 伝教大師最澄
 
高祖 天台大師智

宗祖 伝教大師最澄

 

高祖 天台大師智

教え

久遠実成無作(くおんのじつじょうむさ)本仏釈迦如来・阿弥陀如来・観世音菩薩など教えすべての人、生物、存在には仏になる可能性があると教えています。

お唱えする言葉

正式には、
「南無宗祖根本伝教大師福聚金剛(なむしゅうそこんぽんでんきょうだいしふくじゅうこんごう)」ですが、「南無阿弥陀仏(なむあみだぶつ)」
を唱えることが多いようです。

主な教典

法華経、大日経、金剛経、蘇悉地経(そしつじきょう)、梵網菩薩戒経(ぼんもうぼさつかいきょう)、仁王般 若 経、阿弥陀経、観無量寿経、無量寿経

総本山

比叡山延暦寺(滋賀県大津市坂本本町)

備考

比叡山は日本有数の修行道場として知られ、千回峰行などの荒行が現在でも行われています。まさに日本仏教のメッカといえるでしょ う。

 
 
真言宗
宗祖 弘法大師空海
 
御本尊 大日如来

宗祖 弘法大師空海

 

御本尊 大日如来

教え

「即身成仏」を教えの根幹にしている。これは密教の修行の実践により、誰でもただちに仏になることがで きるという教えです。

お唱えする言葉

「南無大師遍照金剛」 なむだいしへんじょうこんごう

主な教典

大日経、金剛頂経、般若理趣経 はんにゃりしゅきょう

本山

高野山真言宗

高野山金剛峰寺(和歌山県伊都郡高野町高野山)

真言宗醍醐派

深雪山醍醐寺(京都市伏見区醍醐東大路町)

東寺真言宗

教王護国寺(京都市南区九条町)

真言宗泉涌寺派
(せんにゅうじ)

東山泉涌寺(京都市東山区泉涌寺山内町)

真言宗御室派(おむろ)

大内山仁和寺 おおうちさんにんなじ
(京都市右京区御室大内)

真言宗大覚寺派

嵯峨山大覚寺(京都市右京区嵯峨大沢町)

真言宗善通寺派

五岳山善通寺(香川県善通寺市善通寺町)

真言宗智山派

仏頂山智積院 ぶっちょうさんちしゃくいん
(京都市東山区七条下ル東瓦町)

真言宗豊山派(ぶさん)

豊山長谷寺(奈良県桜井市初瀬)

新義真言宗

大伝法院ね根来寺 ごろじ(和歌山県那賀郡岩出町)

備考

空海の出生地である四国地方は西国八十八カ所霊場で知られていますが、その地の八割以上が信徒であるといわれています。

 
 
浄土宗
宗祖 法然上人
 
御本尊 阿弥陀如来

宗祖 法然上人

 

御本尊 阿弥陀如来

教え

阿弥陀如来の救いを信じ、南無阿弥陀仏を唱えていると、心も体も清らかになり、人生を心豊かに生きぬ き、死後浄土に生まれて仏さまになることができるのです。

お唱えする言葉

「南無阿弥陀仏」

主な教典

観無量寿経、無量寿経、阿弥陀経

総本山

華頂山知恩院(京都市東山区林下町)

備考

いままで無数の仏が生まれ、無数の浄土があると考えられていま す。「極楽浄土」はそのうちの阿弥陀仏が建設した仏国土で、そこに住む人は楽だけを亨受できるといいます。

 
 
浄土真宗本願寺派
宗祖 親鸞聖人
 
御本尊 阿弥陀如来

宗祖 親鸞聖人

 

御本尊 阿弥陀如来

教え

自分の修行などによって極楽浄土へ往生しようとする「自力念仏」 ではなく、阿弥陀如来を信じ感謝の心とともに唱える「他力念仏」が浄土真宗の念仏なのです。

お唱えする言葉

「南無阿弥陀仏」

主な教典

観無量寿経、無量寿経、阿弥陀経、教行信証

総本山

西本願寺(京都市下京区堀川通花屋町下ル)

備考

親鸞の死後、教団は次第に衰微してゆきますが、第八世蓮如によって再興を果たします。
そして、巨大教団へと発展したため、他宗派や大名から弾圧がはじまります。
織田信長の本願寺攻略をはじめとして、時の権力者に翻弄され西本願寺(浄土真宗本願寺派)と東本願寺(真宗大谷派)にわかれますが、宗勢は衰えることなく、現在に至ります。

 
 
浄土真宗大谷派
宗祖 親鸞聖人
 
御本尊 阿弥陀如来

宗祖 親鸞聖人

 

御本尊 阿弥陀如来

教え

もともと本願寺派と歴史を同じくするわけですから根本は変わらないと思いますが教義解釈の表現に宗風の違いがあるようです。 阿弥陀の救いは阿弥陀仏と人間衆生との関係の中で表現されるわけですが、本願寺派は仏の側からの表現の傾向が強く、逆に大谷派は衆生の側からの表現傾向が強いように思われます。

お唱えする言葉

「南無阿弥陀仏」

主な教典

観無量寿経、無量寿経、阿弥陀経、教行信証

総本山

東本願寺(真宗本廟)(京都市下京区烏丸通 七条上ル)

備考

浄土真宗本願寺派(西本願寺)の末寺・門徒は中国地方に特に多く、真宗大谷派(東本願寺)のそれが北陸地方・東海地方に特に多いのは歴史的背景によるところが大きいようです。また紛らわしいのですが、東京都台東区の東本願寺を本山とする浄土真宗東本願寺派は、宗派のあり方をめぐる見解の相違により、1981年に真宗大谷派から離脱・独立したもので、現在、両者は別個の宗教法人になります。

 
 
臨済宗
宗祖 臨済義玄
 
御本尊 釈迦牟尼仏

宗祖 臨済義玄

 

御本尊 釈迦牟尼仏

教え

人間が生まれながらに、だれもがそなえている厳粛で純粋な人間性をみずから悟ることによって、仏と寸分も違わぬ人間の尊さを把握するところにあります。

お唱えする言葉

「南無釈迦牟尼仏」

主な教典

般若心経、観音経、大悲呪

本山

臨済宗妙心寺派

正法山妙心寺(京都市右京区花園妙心寺町)

臨済宗建仁寺派

東山建仁寺(京都市東山区大和大路通 り)

臨済宗東福寺派

慧日山東福寺(京都市東山区本町)

臨済宗南禅寺派

瑞龍山南禅寺(京都市左京区南禅寺福地町)

臨済宗天龍寺派

霊亀山天龍寺(京都市右京区嵯峨天龍寺町)

臨済宗相国寺派

万年山相国寺(京都市上京区今出川通 烏丸東入)

臨済宗大徳寺派

龍宝山大徳寺(京都市北区紫野大徳寺町)

臨済宗建長寺派

巨福山建長寺(神奈川県鎌倉市山ノ内)

臨済宗円覚寺派

瑞鹿山円覚寺(神奈川県鎌倉市山ノ内)

臨済宗仏通寺派

御許山仏通寺(広島県三原市高坂町)

臨済宗永源寺派

瑞石山永源寺(滋賀県神崎郡永源寺町)

臨済宗国泰寺派

摩頂山国泰寺(富山県高岡市太田)

臨済宗方広寺派

深奥山方広寺(静岡県引佐郡引佐町)

臨済宗向獄寺派

塩山向獄寺(山梨県塩山市上於曽)

備考

臨済宗の禅風には大変厳しいものがあり教化の特徴を示す言葉として「臨済の喝、徳山の棒」と言われます。
坐禅を組み、修行している僧たちに対して臨済がよく大喝を与え、 徳山がよく痛棒を加えたことを指しています。

 
 
曹洞宗
太祖 常済大師螢山<br>                                              じょうさいだいしけいざん
 
高祖 承陽大師道元禅師

太祖 常済大師螢山
じょうさいだいしけいざん

 

高祖 承陽大師道元禅師
じょうようだいしどうげんぜんじ

教え

ただひたすらに坐禅を行うこと(只管打坐しかんたさい)を最も重要に考えます。 そして、坐禅の心とすがたで、日常生活を生きてゆく(即心是仏)ことを説きます。

お唱えする言葉

南無釈迦牟尼仏

主な教典

般若心経、観音経、法華経、修証義、正法眼蔵

両大本山

永平寺(福井県吉田郡永平寺町志比)
総持寺(神奈川県横浜市鶴見区鶴見)

備考

8世紀初め頃の中国の禅僧である洞山良价の「洞」と、その弟子である曹山本寂の「曹」をとって「曹洞」としたのが、曹洞宗の名の 由来だと言われています。
 
 
日蓮宗
宗祖 日蓮大聖人
 
御本尊 大曼荼羅
宗祖 日蓮大聖人
 
御本尊 大曼荼羅

教え

法華経を日本に広宣流布した日蓮聖人の教説を通して法華経を理解し、実践してゆくのが日蓮宗です。法華経は本仏の声そのものであり、法華経の功徳すべてが「南無妙法蓮華経」の七文字にこめられていると日蓮聖人は考えました。そこで、「法華経の内容をすべて信じ帰依する」という意味の「南無妙法蓮華経」を唱えることを、何よりも重要な修行としています。

お唱えする言葉

「南無妙法蓮華経」

主な教典

法華経(妙法蓮華経)

総本山

身延山久遠寺(山梨県南巨摩郡身延町)

備考

主だった日本仏教各宗派の中で、日本人宗祖の名前を冠して宗派名にしているのは日蓮宗だけです。それだけ、宗祖日蓮聖人の存在意義が教義に大きく反映しているのでしょう。

 
お問合せ