仏 像と仏師の世界 日本の仏教美術を今日に伝える名仏師たちとその作品 仏 像彫刻の鑑賞に役立つ知識情報も満載

  • 仏像コミュニティ ぶっこみ!
  • 仏像彫刻入門セット(DVDつき)
  • 仏像彫刻プロ仕様セット
仏像の種類
 
如来菩薩明王天部|その他の諸尊
その他諸尊

垂迹神(すいじゃくしん)

平安時代になると仏菩薩が日本の神々の姿を借りて、人々を救う為に現れるという本地垂迹思想(神仏習合思想)が生まれました。この思想の元に生まれたのが垂迹神です。

僧形八幡

 

剃髪し袈裟を着けた僧形で表された八幡神のことです。垂迹神の代表的存在です。

雨宝童子

 

正確には金剛赤精善神雨宝童子といい、福を得て災を除くという。頭上に五輪塔、右手に金剛宝棒、左手に宝珠を持つ童子形。神仏習合によって日本で創造されたもの。

青面金剛

 

もろもろの悪鬼悪霊の難を取り除き、結核予防の大威力持った神で、智証大師(円珍)が請来したといわれる。道教では、三尸の駆除をこの神に祈願することが行われ、庚申信仰の本尊として祀られる。

新羅明神

 

智証大師円珍が中国から帰国する船中で感得したという神。あご髭の長い老人の姿をしています。

羅漢・高僧・祖師

聖徳太子

仏教徒が信仰の対象としたのは如来や菩薩、明王や天部のほかに、仏教に深く関わり、人々の尊敬を集めた釈尊の高弟たち、仏教に帰依した信者にも及んでいます。彼らは人間でありながら、さと覚りを開いた人間を超えた人々です。釈尊の高弟や最高位の修行僧のことを羅 漢または阿羅漢とよびます。修行を完成し、悟りを得た聖者のことで、その代表は釈尊に学んだ10人の弟子、十大弟子です。
また、仏教の隆盛に尽力した人物や高僧、各宗派を開いた祖師なども彫像として表され信仰の対象となりました。

十大弟子

 

釈尊の10人の高弟。
舎利弗尊者(さーりぷった)、目連尊者(もっがーらーな)、摩訶迦葉ば尊者(まはーかっさ)、阿那律尊者(あぬるっだ)、須菩提尊者(すぶーてぃ)、富楼那尊者(ぶんな)、迦旃延尊者(まはーかっちゃーな)、優波離尊者(うばーり)、羅尊者(らーふら)、阿難尊者(あーなんだ)

五百羅漢

 

釈尊に従った500人の仏弟子。近世以降の石像がほとんどです。

維摩(ゆいま)
 

インドの祖師。在家ながら誰よりも大乗の真理に通じています。

無著(むじゃく)、世親(せしん)
 

5世紀頃に活躍した兄弟の学僧。

聖徳太子

 

聖徳太子は、日本で最初に仏教を受容・理解し、仏法によって政を行いました。太子像は、無髪、上半身裸の二歳像、耳の下で髪を束ねた七歳像、十六歳像、束帯(そくたい)で笏(しゃく)を持って坐る三十五歳像などがあります。

鑑真

 

中国・唐代の高僧で日本律宗の開祖。渡航に5回失敗。失明しながら望まれて754年に来朝しました。東大寺に戒を授ける場所、戒壇を設け唐招提寺を開いたことで知られています。

役行者(えんのぎょうじゃ)
 

吉野・大峯山などを開いた奈良時代の山岳修行者、役小角(えんのおづぬ )。高下駄を履き、岩に腰掛けている像が多い。

空海

 

高野山こんごうぶじ金剛峯寺を開いた真言宗の開祖。弘法大師空海の彫像は五鈷杵(ごこしょ)を持って腕前にあて椅子に座る姿を定型とします。

最澄

 

日本の天台宗の開祖、伝教大師。穏やかな表情で頭巾をかぶる木彫の僧形坐像があります。

円珍

 

最澄と円仁のあと、天台宗の発展に尽くし園城寺(三井寺)を中興した智証大師円珍の坐像が同時に遺されています。

空也

 

念仏を称えながら諸国を遍歴した平安時代の念仏聖

 
お問合せ