仏 像と仏師の世界 日本の仏教美術を今日に伝える名仏師たちとその作品 仏 像彫刻の鑑賞に役立つ知識情報も満載

  • 仏像コミュニティ ぶっこみ!
  • 仏像彫刻入門セット(DVDつき)
  • 仏像彫刻プロ仕様セット
仏像の種類
 
天部
梵天

ヒンズー教の宇宙の創造神をルーツにもち天部のなかでも高位に配されています。貴顕 天部の代表格で、一面二臂の立像と、四面四臂で鵞鳥(がちょう)の背に趺坐する像があります。 密教では、十二天の1つにも数えられる仏です。

帝釈天

帝釈天

古代インド神話に登場する雷神をルーツとし梵天とともに位の高い天部となりました。戦闘神であり、甲冑を身につけています。密教では一面三目二臂が一般的で、金剛杵をもち、白い象に乗ってやってきます。
また、梵天とのペアでは見分けが付きにくい場合が多いが、甲冑をつけている人がいればそれが帝釈天。こちらも十二天の一人として活躍しています。

金剛力士・執金剛神

金剛力士・執金剛神

寺院の入り口や門の左右に怖い顔をして立つのが金剛力士。伽藍から外敵を護るため入り口に安置されます。2神で対となり仁王ともよばれます。口を開くのが阿行像、閉じるのが吽形像です。単独で祀られる場合は執金剛神(古い時代の主流)、二体セットで祀られる場合は金剛力士(仁王)と区別しているようです。金剛力士の場合、神将形と裸形があります。

四天王

四天王

東方・持国天、南方・増長天、西方・広目天、北方・多聞天と四方を守護する役目をもち須弥壇(しゅみだん)の四隅に安置されて、如来や菩薩を護るのが四天王です。甲冑をつけ邪鬼(仏法を犯す鬼)を踏んで立つ勇ましい姿が四天王像の特徴で他の仏像よりも動きがあります。

毘沙門天(びしゃもんてん)

毘沙門天(びしゃもんてん)

四天王のうち北方を護る多聞天が単独で祀られる時の名が毘沙門天です。妻とされる吉祥天と子のぜんに善賦し師童子を伴い、三尊として造像される場合もあります。甲冑をつけて宝塔を捧げ持つか、腰に手をあて岩座か邪鬼の上に立つ姿が一般的です。

八部衆

八部衆

釈迦の誓願を守護する8種の神々を総称して八部衆あるいは天竜八部衆といいます。天、竜、夜叉、乾闥婆(けんだつば)、阿修羅、迦楼羅(かるら)、緊那羅(きんなら)、摩?羅伽(まごらか)の八種が基本ですが、諸説が多数あります。

十二神将

薬師如来の眷属(けんぞく)を務める12の夜叉(薬叉)を十二神将と総称します。十二薬叉大将、十二神王ともよばれています。12神それぞれが7000人の配下を率いて薬師如来を敬う衆生を護り、大願を成就させてくれるといいます。
宮毘羅大将(くびら)、伐折羅大将(ばさら)、迷企羅大将(めきら)、安底羅大将(あんてら)、額爾羅大将(あにら)、珊底羅大将(さんてら)、因達羅大将(いんだら)、波夷羅大将(はいら)、摩虎羅大将(まこら)、真達羅大将(しんだら)、招杜羅大将(しょうとら)、毘羯羅大将(びから)。
(奈良・薬師本願経より)

吉祥天

吉祥天

鬼子母神の娘であり、毘沙門天の妻である吉祥天は天下泰平、五穀豊穣、財宝充足を祈願する「吉祥げかえ悔過会」の本尊として奈良時代以降から国家的に信仰されていました。右手は施無畏印や与願印を結び、左手にはなんでもかなえてくれるという如意宝珠を持って蓮華座に立つ像が多く見られます。

弁才天

弁才天

インドのサラバティー(聖なる河)を神格化した水の神。河の水が大地に自然の恵みをもたらし、あらゆる生物の命を養うように、世間に富と食物、子孫を授けてくれる母。弁財天、妙音天ともいいます。二臂像と八臂像がある。二臂の例が多く、琵琶を奏でています。鎌倉以降、八臂の例も増え、宝珠等をもち、頭に老相の人頭蛇身(宇賀神)をつけています。

訶梨帝母(かりていも)(鬼子母神)

訶梨帝母(かりていも)(鬼子母神)

もともと訶梨帝母はインドの鬼神の妻で人間の子供を捕らえて食べてしまう悪神でした。
釈尊が一計を案じ500〜1万人いる訶梨帝母の子供のうち一人を隠したことにより、子を亡くす苦しみを悟し、改心して、安産と子供を守護する神となりました。胸に赤ん坊を抱いて、右手にざくろ柘榴(吉祥果ともいう)をもっています。釈尊に諭された訶梨帝母は子供を食う代りに、この柘榴を食うことを許されたとされています。

大黒天

大黒天

もともとは戦闘神として信仰されましたが、鎌倉時代になって大黒と大国が同じ発音であることからおおくにぬしのみこと大国主命と結びつき、やがて庶民信仰の七福神の1つに数えられるようになりました。二臂の像が多く、神将形で、袋包みと宝棒を持って岩座に坐るポーズと、狩衣を着て袋を持って立つポーズとがあります。

閻魔王・十王

十二天の1つである閻魔天は人類最初の死者として冥界に至り、その支配者となって死者の生前の罪を裁く役割を得ていました。この閻魔天が中国に入って道教と結びつき冥界の1人、閻魔王となるのです。閻魔王としては、忿怒の形相で、右手に笏を持っています。

その他

技芸天、深沙大将、韋駄天、歓喜天など

 
お問い合せ