仏 像と仏師の世界 日本の仏教美術を今日に伝える名仏師たちとその作品 仏 像彫刻の鑑賞に役立つ知識情報も満載
現代の名仏師
次代を荷う仏師
なりたち
種類
制作技法
年代別制作年表
仏教の主な宗派
お仏壇の飾り方
日常の仏教語
制作依頼・購入
お問い合せ
仏像一覧
如来の部 菩薩の部 明王の部
天の部 その他諸尊 その他
仏師 松田瑞雲
作品のご紹介
毘沙門天像   四菩薩像   天照大神像   日蓮聖人像

毘沙門天像

 

四菩薩像

 

天照大神像

 

日蓮聖人像

詳しく観る   詳しく観る   詳しく観る   詳しく観る
作者のご紹介
仏師 松田瑞雲  

天平時代の作品を理想とし、
運慶作品の写実力を手本に、
円空の心、生き方を尊敬

全作品を観る

理想は「造仏活動がそのまま布教になる生き方」

仏教系大学を卒業。出家。仏道修行の傍ら仏像彫刻、仏像極彩色、彫塑を学ぶ。座右の銘は「仏の姿と魂(心)と教えを彫る」。仏像の姿はおおらかで大陸的な均整のとれた天平時代の作品を理想とし、彫りは鎌倉時代の運慶作品の写実力を手本としている。また仏師の心、生き方は江戸時代の円空上人を尊敬し、「造仏活動がそのまま布教になるような生き方をしたい」と、朝夕、仕事始め終わりの読経を欠かさない。  
さらに仏師として寺院から依頼される仏像を制作する中で、「寺院の中だけではなく、日常生活のあらゆる場面に仏の心が存在することを伝えたい」と、円空上人や木喰上人のように造仏規則にこだわらない独自の創作仏像(アート仏像)も始める。

Profile
 

松田瑞雲(まつだずいうん)

 
1953年

鹿児島県に生まれる。本名 松田瑞雲。

1970年

出家する。

1970年

仏道修行の傍ら、江戸仏師に仏像彫刻の手ほどきを、

国宝修復 日本画家に、仏像極彩色の指導を受ける。

1980年 彫塑を太平洋美術研究所にて学ぶ。
1981年

仏師として独立(東洋仏所)。僧侶としても独立(観音結社)。

1983年

千葉県 法福寺 釈迦、多宝仏両坐像。

1985年

神奈川県 法隆院 宝珠大黒天、日蓮聖人坐像、鬼子母神像。

1986年

東京都 真性寺 釈迦如来坐像、四菩薩像。

1989年

神奈川県 妙泉寺 毘沙門天像(極彩色)、 

秋山霊神坐像(極彩色)。
1990年

神奈川県 法船寺 八大龍王像、弁才天像。

1992年

青森県 長延寺 愛染明王坐像(極彩色)、

不動明王坐像(極彩色)。
1994年

アート仏像を始める。月天(着色)不動明王(着色)。

1996年

東京都 観音教会 懺悔救霊聖観世音菩薩像(極彩色)。

1996年

米国にて個展(松田瑞雲展)。

 

年余の木曽檜を使い、マリリン・モンローをイメージした現代風の「アート仏像、合衆国観音」は話題を呼んだ。ニューヨーク。

1997年

ドイツ文化会館にて国際交流美術工芸展に招待出品。東京。

1997年

東京都 妙見寺 三面大黒天、慈母観音像。

1999年

宮城県 宝照寺 菅原道真公坐像。

2003年

岩手県 法華寺 七面大明神像、大黒天。

2005年

2005年 千葉県 妙勝寺日蓮聖人坐像(淡彩色)、

四菩薩像(淡彩色)。

2006年

岡山県 三軌堂 天照大神坐像、妙見菩薩坐像、

弁才天坐像、梵天、帝釈天立像、薬王、薬上菩薩立像。
 

その他、全国各宗派寺院、在家の仏像制作に携わる。

 

※1979〜2007年 瑞雲流宗家として東京、千葉のカルチャースクールに仏像彫刻教室を開き、門下を指導。東京目黒、町屋、金町、綾瀬各仏像彫刻教室。千葉京葉仏像彫刻教室。 1991-2007年 第1回〜第16回瑞雲流仏像彫刻展開催。千葉。

 

瑞雲流宗家大仏師 日本木彫連盟会員江戸木彫刻会員

「混迷する現代人を癒す」アート仏像

アート仏像は瑞雲師が仏師の心の生き方として尊敬する円空や木喰のように、造仏規則にこだわらない創作仏像で、「混迷する現代人に癒しを」と考案したモダンで斬新な作風の仏像。1996年にニューヨークで開催した個展(写真右)では、マリリン・モンローをイメージした「アート仏像・合衆国観音」が話題を呼んだ。「この世のものは何でも、世尊の廟(ほこら)、如来の化身なのだ」という、円空が生涯愛読した法華経の精神が瑞雲師の造仏活動を支えている。

仏師 松田瑞雲
▲仏師一覧へ
お問い合せ