仏 像と仏師の世界 日本の仏教美術を今日に伝える名仏師たちとその作品 仏 像彫刻の鑑賞に役立つ知識情報も満載
現代の名仏師
次代を荷う仏師
なりたち
種類
制作技法
年代別制作年表
仏教の主な宗派
お仏壇の飾り方
日常の仏教語
制作依頼・購入
お問い合せ
仏像一覧
如来の部 菩薩の部 明王の部
天の部 その他諸尊 その他
仏師 溝井康萠
作品のご紹介
十一面観音   阿弥陀如来   聖観音(立像)    不動明王(坐像)

十一面観音

 

阿弥陀如来

 

聖観音(立像) 

 

不動明王(坐像)

詳しく観る   詳しく観る   詳しく観る   詳しく観る
作者のご紹介
仏師 溝井康萠  

松久朋琳・宗琳師に師事
精神的こころの壁を
仏教彫刻に重ねる

全作品を観る

師匠の心の広さに感謝し仏を彫り続ける

1959年(昭和34)新潟県新津市に生まれる。子供のころから喘息を患い、性格も自然に内向的に。その幼い胸中に「禅宗の永平寺の坊さんや仏を彫る仏師への憧憬の念」が宿っていた。仏師を目指したのは、テレビで偶然見た国宝修理の番組だった。高校3年の1年間、京都の大仏師松久朋琳・宗琳師の通信教育を受け、卒業と同時に晴れて両先生の内弟子となる。  
特に宗琳先生には常々、古典の勉強をし肌で感じることを愉される。「師匠は自分のやり方を押しつけず、勉強で得た知識を認めてくれる心の広さを持っていました」と、当時を振り返る康萌さん。10年後の1987年に独立。滋賀県甲賀市に工房を構え、仏師の道を歩む。

Profile
 

溝井康萠(みぞいこうほう)

 
1959年

新潟県新津市に生まれる

1978年

県立村松高校卒業後、京都の大佛師・松久朋琳、宗琳に師事

1987年

独立。大佛師・松久宗琳佛所同人 NHK大阪文化センター講師

1993年

現代佛師協会会員

2000年

現代佛師作品展(大阪三越にて開催)に出展

2003年

新潟三越にて初個展

2005年

東武百貨店池袋店にて個展開催

聖域としての仏像の魅力を在家の方々に伝えたい

幼いころ精神的に弱かったと語る康萌さん。今の願いは在家の人に仏像の魅力を伝えることだ。「仏壇や仏間でなくてもいい、書斎や机の上、寝室でも――身近なところに仏像を置くことで自分だけの聖域をつくる」。例えば左の写真がその一つである。扉を閉じると小さなオルゴールのように見える可愛い箱型の仏像だ。箱の上には採光を取り入れるガラスがあり、蓮の花の中の仏を照らすようになっている。在家の人からの依頼が多い康萌さんならではのアイデアだ。「私自身、人生経験は未熟ですが、仏像はその時代の思想や世相を映し出していると思っています」。

仏師 溝井康萠
▲仏師一覧へ
お問い合せ