仏 像と仏師の世界 日本の仏教美術を今日に伝える名仏師たちとその作品 仏 像彫刻の鑑賞に役立つ知識情報も満載
現代の名仏師
次代を荷う仏師
なりたち
種類
制作技法
年代別制作年表
仏教の主な宗派
お仏壇の飾り方
日常の仏教語
制作依頼・購入
お問い合せ
仏像一覧
如来の部 菩薩の部 明王の部
天の部 その他諸尊 その他
仏師 馬渕憲峰
作品のご紹介
聖観音像   文殊菩薩像   地蔵菩薩像   不動明王像

聖観音像

 

文殊菩薩像

 

地蔵菩薩像

 

不動明王像

詳しく観る   詳しく観る   詳しく観る   詳しく観る
作者のご紹介
仏師 馬渕憲峰  

松久朋琳・宗琳師に師事、
「目標が遠くにあるのか近くに あるのか分らない」のが修業

全作品を観る

今、仏様と向き合い無心に至福の時間を過す

1972年(昭和47年)に京都の大仏師、松久朋琳・宗琳両先生に師事。10年後に深敬寺副住職の就任を機に独立し深敬寺仏所を設立する。師匠や兄弟子の技を盗み、2〜3年でそこそこの仏像は彫れるようになる(16歳の時に得度)。しかし、「本当の神仏の依り代となる仏様を迎えることは難儀なこと。目指すものが遠くにあるのか近くにあるのか分らない」。――それが修業と語る憲峰師。また「仏様は善きも悪しきも全て包んでくれる。朋琳先生も宗琳先生も同じでした」とも。今、仏様と向き合って無心の時間を過す。師の至福の時間である。

Profile
 

馬渕憲峰(まぶちけんぽう)

 
1948年

大阪府吹田市に生まれる

1972年

松久朋琳、宗琳両先生に師事する

1982年

独立し、深敬寺佛所を設立する

深敬寺副住職に就任

1993年

毎日文化センター講師を辞任

現代佛師協会会員
1995年

現代佛師佛像彫刻展 奈良文化会館 出展

1997年

現代佛師佛像彫刻展 京都勧業館都めっせ 出展

2000年

現代佛師佛像彫刻展 大阪三越 出展

2002年

深敬寺住職に就任

2005年

現代佛師佛像彫刻展

神戸兵庫県立美術館原田別館 出展

   
 
作佛略歴

1982年

出雲 光明寺 不動明王像

1986年

大阪 真智庵 大日如来像

1993年

美濃 常昌寺 日蓮上人像

1995年

名古屋 本源寺 三宝尊像・四菩薩像

1997年

大阪 妙見閣寺 日蓮上人像・天照皇大神像

2002年

豊中 根本寺 釈迦如来説法像・四菩薩像・釈迦如来涅槃像・釈迦如来苦行像

2005年

名古屋 妙法寺 釈迦如来説法像・四菩薩像

2006年

大阪 妙見閣寺 日蓮上人像・納骨堂

現在作佛中 横浜 蓮馨寺 三面大黒天像

3人の仏像彫刻師のもとで修業、 父とは違う仏師の道を歩む

同じ木彫でも堂宮彫刻と仏像彫刻の仕事では大きく違ってくる。細工を遠くから見られることが多く、彫りに大味な迫力が求められる堂宮彫刻は、ノミで大胆かつ速やかに削る。これに対して仏像彫刻は粗削りはノミで行うが、後は彫刻刀の特徴を活かして時間をかけて削っていく。仏像彫刻は「美術彫刻と違って、表現の幅は狭いが奥深さがあり、些細な違いが全体の雰囲気に影響する」。仏像を心の鏡とする宗雲さんの修業は、まだまだ続く。

仏師 馬渕憲峰
▲仏師一覧へ
お問い合せ