仏 像と仏師の世界 日本の仏教美術を今日に伝える名仏師たちとその作品 仏 像彫刻の鑑賞に役立つ知識情報も満載
現代の名仏師
次代を荷う仏師
なりたち
種類
制作技法
年代別制作年表
仏教の主な宗派
お仏壇の飾り方
日常の仏教語
制作依頼・購入
お問い合せ
仏像一覧
如来の部 菩薩の部 明王の部
天の部 その他諸尊 その他
仏師 先崎宗岑
作品のご紹介
白衣観音   普賢菩薩   観音菩薩   多聞天

白衣観音

 

普賢菩薩

 

観音菩薩

 

多聞天

詳しく観る   詳しく観る   詳しく観る   詳しく観る
作者のご紹介
仏師 先崎宗岑  

東京仏師の父の元で修業、
以来40数年伝統を守りつつ
オリジナルな造形美も追求

全作品を観る

彫刻家が出入りする環境に育ち仏師の道を歩む

大叔父の阿井瑞岑は高村光雲に学んだ彫刻家・山本瑞雲に師事。父(先代宗岑)はその大叔父から彫刻を学び東京仏師として活躍。「彫刻家の出入りの多い家に育ち、自然に仏師への愛着を感じて」、20歳の時から父の元で修業を積む。しかし、10年後すべての継承が済まないまま父が亡くなる。  
その後、仏師として精進すべく全国の寺社仏閣を訪ねては木彫や仏像の研究を重ねる苦学が続く。以来40数年「怖いのは慣れや慢心、技術だけに頼らず常に新鮮な気持ちで感動を与える作品を彫りたい」。宗岑氏の初心でもある。

Profile
 

先崎宗岑(せんざきそうしん)

 

昭和19年東京生まれ 本名 勝重
父 宗岑に学ぶ 父は房州清澄山道場の釈迦如来の作者で特に肖像彫刻に優れた仏師で知られる木心会主宰 
元創型会会員 伝承巧美会結成 
作品展都度開催

  主なる作歴


越前立木観音(福井)父の助手
菅原道真 在原業平(東京)南蔵院如意輪観音(茨城)東谷寺
釈迦如来(山梨)妙法寺
七面 尊神(山梨)定林寺

15年ほど前から仏像彫刻教室「木心会」を主宰

寺院や個人依頼の仏像制作のかたわら15年ほど前から仏像彫刻教室「木心会」を主宰。千葉県柏市のカルチャーセンターでスタートした教室も現在では約200名の受講生を数える。さらに2年前からは自宅工房を開放し精力的に指導している。「20〜80歳代まで幅広い年代の受講生がいますが、さまざまな人たちの縁を大切に、自分自身も教えることで学んでいます」と語る宗岑氏。「多くの人に仏像彫刻を通じて日本人が培ってきた日常の信仰と伝統美術を改めて見直してほしい」とも。今後は個展やセミナーにも積極的に取り組む。

仏師 先崎宗岑
▲仏師一覧へ
お問い合せ