仏 像と仏師の世界 日本の仏教美術を今日に伝える名仏師たちとその作品 仏 像彫刻の鑑賞に役立つ知識情報も満載
現代の名仏師
次代を荷う仏師
なりたち
種類
制作技法
年代別制作年表
仏教の主な宗派
お仏壇の飾り方
日常の仏教語
制作依頼・購入
お問い合せ
仏像一覧
如来の部 菩薩の部 明王の部
天の部 その他諸尊 その他
仏師 村上湛雲 
作品のご紹介
伐折羅大将像   仁王像   辨財天座像   阿弥陀如来立像

伐折羅大将像

 

仁王像

 

辨財天座像

 

阿弥陀如来立像

詳しく観る   詳しく観る   詳しく観る   詳しく観る
作者のご紹介
仏 師 村上湛雲  

仏像を彫りたい一念で
上京し京仏師の道を歩む

全作品を観る

京仏師 江里宗平、康慧師の弟子として入門

名古屋の県立高校を卒業後、仏像を彫りたい一念で京仏師・江里宗平師の門を叩く。  
「思い立って上京し師匠の元へ飛び込んだものの、何も出来なかったがゆったりした時間の中で見守り育ててもらえた事に感謝しています」と振り返る。以来師匠の「仏師は願主に代って、信仰の対称を彫らせて頂く事だ」という教えを基に現在に至る。  
人々の願いを真剣に受けとめて生命力溢れる仏像を制作する為に、現在3人の弟子の師匠として木の中の仏と向き合う毎日を送っている。

Profile
 

村上湛雲(むらかみたんうん)

 
1950年

名古屋市に生まれる

1970年

愛知県の県立高校を卒業後、京佛師・江里宗平・康慧師に入門

1975年

京都府伝統産業コンクール展に十一面観音立像を出品。優賞

1977年

同展に大日如来座像を出品。優賞

1978年

同展に毘沙門天像を出品。優賞。以後招待出品者となり、

伝統産業優秀技術者の資格者となる

1980年

内弟子修業を終え独立。その後も師匠について研鑚を積む

1991年

独自の活動を始める

   
 
主な彫像

1991年

毘沙門天立像

1992年

肖像

1993年

阿弥陀如来立像

1994年

聖観音立像

1996年

釈迦如来座像

1997年

阿弥陀如来立像

1999年

釈迦如来座像

2001年

釈迦如来立像・地蔵菩薩立像

2002年

阿弥陀如来座像

2003年

不動明王立像・辨財天座像・十一面観音立像

2004年 阿弥陀三尊像・十一面 観音立像
2005年 阿弥陀如来立像

「この道40年やっと入口に 立てる様になりました」

内弟子として10年修業し、独立後も10年師匠について学んだ湛雲さん。最初の10年は無我夢中で彫り、技術を修得。後半の10年は仏教への理解や製作態度、人格形成のための修練だった。そして今、宗平師匠の言う「仏を彫るということは、どういうことか」、やっと解かりかけた気がすると語る湛雲さん。  
これからは、自身が師匠としてお弟子さんを育て、「仏を彫る」ことの伝統と意義を伝えようとしている。

仏 師 村上湛雲
▲仏師一覧へ
お問い合せ