仏 像と仏師の世界 日本の仏教美術を今日に伝える名仏師たちとその作品 仏 像彫刻の鑑賞に役立つ知識情報も満載
現代の名仏師
次代を荷う仏師
なりたち
種類
制作技法
年代別制作年表
仏教の主な宗派
お仏壇の飾り方
日常の仏教語
制作依頼・購入
お問い合せ
仏像一覧
如来の部 菩薩の部 明王の部
天の部 その他諸尊 その他
仏 師 宇野孝光
作品のご紹介
阿弥陀如来立像   大日如来   不動明王立像   菩薩立像

釈迦如来

 

韋駄天

 

聖観音菩薩立像

 

不動三尊

詳しく観る   詳しく観る   詳しく観る   詳しく観る
作者のご紹介
仏 師 宇野孝光  

創るほど深く遠い道
仏師として未だ道半ば
道しるべとしての御仏を彫り続ける

全作品を観る

松本明慶師に入門、現在は亀岡市に工房を構える

1986年、京都の美術工芸高校彫刻科を卒業後に京仏師の松本明慶仏像彫刻工房に入門。13年後の99年に独立、のどかな田園が広がる京都府亀岡市の郊外に工房を構える。
「仏像には特別な力があります。作者の手を離れて祈る人のその時々によって、新たな生命が吹き込まれればいい」と語る孝光氏。生きている素材としての木材を再度新たな条件のもと、一体の仏像として生かす。そのため、木材の選定と手入れには手抜きや妥協を許さない厳しい心であたる。  
平安、鎌倉時代からの仏師の崇高な伝統を受け継ぎ磨きをかける。決してあぐらをかくことなく、時に新風を吹き込む。百年先、千年先を見つめて…。

Profile
 

宇野孝光(うのたかみつ)

 
1967年

大阪府枚方市にて出生

1986年

京都市立銅陀美術工芸高校彫刻科卒業と同時に、

京仏師・松本明慶仏像彫刻工房入門

1996年

京都仏像彫刻家協会主催・第35回京都仏像彫刻展に初出品、

奨励賞を受賞(一尺地蔵菩薩立像)

1997年

第36回京都仏像彫刻展に於いて、奨励賞を受賞

(八寸毘沙門天立像)

1998年

第37回京都仏像彫刻展に於いて、京都府仏具協同組合賞を受賞

(一尺二寸毘沙門天立像)

1999年

独立、京都府亀岡市に工房を構える

2001年

市美術展に於いて、奨励賞を受賞(八寸聖観音立像)

2002年

大本山相国寺の宣明修復に於いて本尊跋陀婆羅菩薩像を納める

相国寺別院・金閣寺道場(東京)本尊韋駄天を納める
市美術展に於いて、理事長賞を千宗室より受賞(文殊菩薩半跏像)

2003年

市美術展に於いて、特別賞を受賞(慈母観音像)

2005年

亀岡湯の花に鹿野苑工房を構える

2006年

慈照寺銀閣圓通殿本尊、聖観音菩薩像を納める

仏像を彫ることで私自身、 慈悲に触れているのかも知れない―。

「仏像は祈る人の心に響いて勇気と慈悲をもたらし、心に温もりを与えてくれます。それが仏像のすばらしさだと思います」。そんな仏像を創れば創るほど、深まり遠くなる道。仏師としてひたすら歩み続け、未だ道の途中と振り返る孝光氏。「仏像を彫ること、それは私にとって、生きている証であり、御仏が導いてくれた道しるべのようなもの。私自身、御仏の慈悲に触れているのかも知れない」。そして、「肉体も精神も、過去も現在も未来も、心のまま、宇宙を行き交う仏師でありたい」。―と孝光氏は語る。

仏 師 宇野孝光
▲仏師一覧へ
お問い合せ