仏 像と仏師の世界 日本の仏教美術を今日に伝える名仏師たちとその作品 仏 像彫刻の鑑賞に役立つ知識情報も満載
現代の名仏師
次代を荷う仏師
なりたち
種類
制作技法
年代別制作年表
仏教の主な宗派
お仏壇の飾り方
日常の仏教語
制作依頼・購入
お問い合せ
仏像一覧
如来の部 菩薩の部 明王の部
天の部 その他諸尊 その他
仏師 大和宗雲
作品のご紹介
薬師如来像   妙見菩薩   聖観音像   蔵王権現

薬師如来像

 

妙見菩薩

 

聖観音像

 

蔵王権現

詳しく観る   詳しく観る   詳しく観る   詳しく観る
作者のご紹介
仏 師 大和宗雲  

松久宗琳師匠のもと京都で13年間修業。 今は伊豆の工房で仏を彫る

全作品を観る

伊豆の自然のエネルギーを貰いながら仏と向き合う

「今修復している仏像は500年ほど前のもの。修理が終われば、おそらく700〜1000年は大丈夫でしょう。仏様の命は永遠です」と語る大和宗雲氏、今は伊豆山中の工房で思うがままに仏様と向き合う。また「ジタバタ急いで彫っていたら1000年生きる仏像はできない」とも。  
工房のある場所はまさに伊豆の自然の宝庫である。朝の新鮮な緑の薫りを吸いながら犬と散歩し、のんびり温泉に入り、海釣りやスキューバダイビングを楽しむ生活。そんな伊豆の自然のエネルギーをたっぷり貰って、宗雲氏は木と語らい、仏様と対話する。  
「技術は長年続ければある程度は上達する。でも技術だけに走ると冷たいものになり生きた仏様にはならない」と言う。今は彫りたい時にしか彫らない。「自分が楽しくなければ、1000年の命を吹き込む仏像は彫れない」、宗雲氏の長年の仏師生活で得た哲学である。

Profile
 

大和宗雲(やまとそううん)

 
1951年

東大和市に生まれる。(立正大学社会福祉学科卒)

1979年

佛師を志し、京都に移り住み大佛師松久宗琳先生に師事する。

1982年

成田山五大不動明王製作

1992年

師 宗琳先生より独立を許される。

東京都西多摩郡日の出町に宗雲仏像彫刻研究所工房を開く。

1993年

ファインプラザにて第1回宗雲仏像彫刻研究所展示会を開催。

青梅市美術館にて個展開催。

主な彫像  

東京 天台宗 玉泉寺

伝教大師

東京 天台宗 安養院

薬師如来・阿弥陀如来

埼玉日蓮宗 四恩堂

三宝尊・四天王

新潟 真言宗 大聖寺

不動明王

静岡 臨済宗 高岩寺

薬師如来

大和宗雲仏像彫刻教室

あきる野仏像彫刻会(東京都あきる野市)  
コミニティークラブたまがわ(東京都世田谷区)  
安養院仏像彫刻教室(東京都日野市)
立川教室(東京都立川市)  
下田仏像教室(静岡県下田市)

 

仏像教室で生徒さんが彫っておられる顔はみんな穏やか

京都での修業を終え独立後は東京で制作に励む。しかし煩雑な都会生活から離れ「もっと仏と対話しながら彫れる環境」を求めて、10年前に伊豆下田の山中に工房を構える。弟子になりたいという我欲だけで彫った当時を振り返り、「仏像は短時間の気合いでできるものではなく、長い年月をかけて作り上げます。時には木と、仏と対話しながら仏さまを迎え入れます。師匠の教えが今やっと分かりかけたような気がする」と語る宗雲氏。現在は下田市はじめ、東京のあきる野市、立川市、日野市、世田谷区で「大和宗雲仏像教室」を開催。「仏を彫る生徒さんの顔はみんな穏やか」は氏の感想である。

仏師 大和宗雲
▲仏師一覧へ
お問い合せ