仏 像と仏師の世界 日本の仏教美術を今日に伝える名仏師たちとその作品 仏 像彫刻の鑑賞に役立つ知識情報も満載
現代の名仏師
次代を荷う仏師
なりたち
種類
制作技法
年代別制作年表
仏教の主な宗派
お仏壇の飾り方
日常の仏教語
制作依頼・購入
お問い合せ
仏像一覧
如来の部 菩薩の部 明王の部
天の部 その他諸尊 その他
仏師 由谷倶忘
作品のご紹介
阿難尊者   大日如来像   軍茶利明王像   准胝観音像

阿難尊者

 

大日如来像

 

軍茶利明王像

 

准胝観音像

詳しく観る   詳しく観る   詳しく観る   詳しく観る
作者のご紹介
仏 師 由谷倶忘  

“百尺の竿頭に一歩を進む” 日々、絶対絶命の境地でなお一歩を模索する心の修業

全作品を観る

松久宗琳先生の後ろ姿を追いかけて34年

大仏師松久朋琳、宗琳先生に師事して以来34年。未だに未熟を悟りながら宗琳先生の後ろ姿を追い続ける。「百尺の竿頭に一歩を進む」、倶忘師の好きな禅語である。「もう先はない、これ以上進めば落ちるという絶対絶命の境地に陥っても、なお一歩を模索する」という意味である。
これはまさに朋琳、宗琳両先生の遺した教えであり、「口先の言葉より努力の結果を示し、より美しく、力強く、人の心を引きつける御仏を形に現すことが、仏像彫刻に心を込めること」と、生涯心の修業を誓う。なお、「倶忘」は鎌倉建長寺の吉田正道管長から拝受した道号である。

Profile
 

由谷倶忘(よしやぐぼう)

 
1949年

青森県むつ市に生まれる

1972年

京都仏像彫刻研究所(後の大仏師松久宗琳仏所)入門。

1974年

宗教美術展出品。以来同人として毎年出品

1980年

独立。奈良に工房をおく

1983年

奈良にて個展

1988年

大阪阪急にて個展

1992年

現代仏教美術展出品。以来会員として毎年出品

1993年

鎌倉建長寺管長吉田正道猊下より仏師倶忘の道号を拝受。

現代仏師協会設立に参加

1995年

第一回現代仏師協会展(奈良)出品

1997年

第二回現代仏師協会展(京都)出品

2000年

第三回現代仏師協会展(大阪三越)出品

2005年

第四回現代仏師協会展(神戸)出品

 
主要造仏尊名

東京深川 臨川寺

芭蕉像

博多 承天寺

聖僧文殊菩薩像 釈迦如来三尊像

鎌倉 建長寺

聖観音菩薩像 聖僧文殊菩薩二羅漢像

比叡山 明王堂

上原行照大阿闍梨念持仏大黒天像
軍荼利明王像

結城 大輪寺

不動明王像 毘沙門天像

川崎 王禅寺

四天王像

広島 龍玄院

蔵王権現像 愛染明王像 軍荼利明王像

東京板橋 安養院

六観音菩薩像

東京瑞穂 福正寺

山門二天像 釈迦如来像 釈迦十大弟子像

四国西条 石鎚神社

石鎚山大天狗・子天狗像

 

現代仏師協会設立に参加、仏像彫刻教室「普門会」を主宰

1992年から続く現代仏教美術展には毎年出品し、昨年は大天狗・子天狗像を出品(写 真左=四国西条の石鎚神社)。1993年には現代仏師協会設立に参加。また松久宗琳仏所主催の宗教美術展にも同人として毎年出品。このほか、一般への仏教美術の普及のため仏像彫刻教室「普門会」を主催するなど、目まぐるしい活動を続ける。「仏様と遊ぶ気持ちで…」、倶忘師の一般へのアドバイスである。

仏師 由谷倶忘
▲仏師一覧へ
お問い合せ