仏 像と仏師の世界 日本の仏教美術を今日に伝える名仏師たちとその作品 仏 像彫刻の鑑賞に役立つ知識情報も満載
現代の名仏師
次代を荷う仏師
なりたち
種類
制作技法
年代別制作年表
仏教の主な宗派
お仏壇の飾り方
日常の仏教語
制作依頼・購入
お問い合せ
仏像一覧
如来の部 菩薩の部 明王の部
天の部 その他諸尊 その他
仏師 今村九十九
作品のご紹介
阿形仁王尊像   金剛界大日如来像    聖観音立像   大威徳明王像

阿形仁王尊像

 

金剛界大日如来像

 

聖観音立像

 

大威徳明王像

詳しく観る   詳しく観る   詳しく観る   詳しく観る
作者のご紹介
仏 師 渡邊勢山  

「表情の基本は童顔です。 人間の誕生と同じで未来への無限の夢を秘めていますから」

全作品を観る

精神世界の存在を仏を彫ることによって顕す

出会った一冊の著者欄には「四天王寺大佛師 松久朋琳」と記されていた。仏像は過去の歴史上の存在と思い込んでいた勢山師にとって、現代の仏師の存在は衝撃的だった。その著者を訪ね弟子志願して約30年。自身が仏所を組織し弟子を育て、10メートルを超える仏像を彫る。そして今、人類の明日を考える。  
「大幅に進歩した科学や機器類によって、私たちは精神世界の存在を素直に捉えることが難しくなって来ています。しかし、見えない世界の存在を忘れてしまったら、人類は心の均衡を保つことができず、自滅するような気がします。精神世界の存在を具体的に顕すことの重要性と、顕す事のできる人を造っていくことが必要です」。勢山師の大きなテーマである。

Profile
 

渡邊勢山・載方(わたなべせいざん・さいほう)

 
1952年

勢山、神奈川県藤沢市に生まれる

1954年

載方、青森県弘前市に生まれる

1970年

勢山、駒沢大学入学。宗教学等を学ぶ

1973年

勢山、桑澤デザイン研究所入所、造形理論・彫刻等を学ぶ

1974年

勢山、大佛師 松久朋琳・宗琳の内弟子となる。

京都佛像彫刻研究所入所

1982年

載方、大佛師 松久朋琳・宗琳の内弟子となり、同研究所入所

1985年

勢山、独立、載方と結婚。

京都伏見区醍醐に「勢山社 佛像造顕所」を設立。総高12尺五大明王像をはじめとして創作活動に入る(大阪 増田寺)

1988年

京都と滋賀県境の旧跡、逢坂山に新工房を構える。

鎌倉 光明寺別院、総高9尺 阿弥陀如来坐像他、五尊像の制作。浄土宗 大本山光明寺より「大佛師」号拝受

1990年

勢山会 佛像彫刻教室主催

1991年

勢山・載方、滋賀県佛像彫刻家協会会員推挙。

佛像彫刻展、第16回展より出品

1992年

琵琶湖湖畔、近江舞子に第二工房を建設する。

33尺、10メートル級の大作が常時制作可能となる
1995年

宗教美術全般の活動の拠点として「勢山社工芸美術院」設立。

逢坂山工房を本部に

1996年

信貴山真言宗 大本山成福院より一連の彫造活動に対し

「大佛師」号拝受。青森県弘前市において第一回勢山社佛像彫刻展を開催(以降、現在まで定期的に開催)

1999年

舞子工房、新館建設に着手

2000年

勢山、一連の文化芸術活動が評価され、デザイン界の賞である

「桑沢賞」を受賞する

2001年

信貴山真言宗総本山朝護孫子寺より一連の彫刻活動に対し

「大佛師」号拝受

2004年

真言宗総本山 須磨寺より本堂六観音彫像により「大佛師」号拝受

2005年

曹洞宗大本山 総持寺にて第六回勢山社佛像彫刻展を開催

各地での講演活動を精力的にこなす

 

用材の木曽檜を貯木場で数年間水中乾燥し、美しい木肌を保つ

「仏の精神は永遠であっても、その姿は永遠ではない。五百年、千年の時を超える難しさ知ればこそ、現代の仏造りは伝統の技法に最新の技術を加える」。勢山師による未来の仏師へのメッセージである。原木選定から専用貯木場での数年間の水中乾燥、製材、自然乾燥と、あえて手間と費用をかけ、数千年の命を必要とする仏像への思いを自身のノミに託す。

仏師 渡邊勢山
▲仏師一覧へ
お問い合せ