仏 像と仏師の世界 日本の仏教美術を今日に伝える名仏師たちとその作品 仏像彫刻の鑑賞に役立つ知識情報も満載
現代の名仏師
次代を荷う仏師
なりたち
種類
制作技法
年代別制作年表
仏教の主な宗派
お仏壇の飾り方
日常の仏教語
制作依頼・購入
お問い合せ
仏像一覧
如来の部 菩薩の部 明王の部
天の部 その他諸尊 その他
仏師 福井照明
作品のご紹介
阿弥陀如来   慈母観音   持国天   風神

阿弥陀如来

 

慈母観音

 

持国天

 

風神

詳しく観る   詳しく観る   詳しく観る   詳しく観る
作者のご紹介
仏 師 福井照明  

何百年も生きてきた素材をその時々の天の意のまま、 一木から自然体で掘り出す

全作品を観る

京仏師の江里宗平師のもとで6年間修業

江里宗平師への弟子入りは25歳と仏師を目指す年齢としては遅いほうである。しかしその分、若い時代の渡米やさまざまな社会経験が凝縮され、今に生きているという。  
京都で師匠・宗平師の厳しくも温かい6年間の修業を通して、仏師として独り立ちしていく心の術を学び、その後奥飛騨で約5年半の独自の修業に入る。この奥飛騨の掘建て小屋での一日16時間にも及ぶ猛烈な彫刻三昧の毎日が、今日の照明師が独創的な作品を創出する基となっている。
どんな複雑な作品でも、何百年も生きてきた素材の一木から自然体のまま彫刻刀を動かして掘り出す。また如来、菩薩、天部に限らず同じ顔を造らないのも師の特徴である。

Profile
 

福井照明(ふくいしょうみょう)

 
1947年

岐阜県益田郡下呂町に生まれる

1971年

京佛師江里宗平氏に師事

1978年

京都府伝統工芸技術コンクールに菩薩半迦像出品 優賞受賞

1979年

独立 飛騨の山奥にて独自の修業に入る

1986年

自宅工房にて初個展/日輝展 日輝会美術館賞受賞 龍炎観音

1994年

韓国教員大学校より招請を受け講演

1995年 福田寺 戸谷朋生住職より授戒 臥雲照明 拝名  

ぶつだん館 夢御堂にて個展/作品集「礼拝佛の美」出版

1996年

’96年度世界アーティスト オブ イヤー 受賞

2000年

瑞泉寺 小倉宗俊老師より得度/日輝展日輝会大賞受賞 持国天

2004年

日輝会美術協会常任理事・副会長となる

美術展での受賞多数。及び個展多数開催。

 

仏師の世界に入る時に抱いた三つの夢を実現

照明師は仏師の世界に入る時に三つの夢を持っていた。25歳で意を決して江里宗平師に弟子入りし、社会経験が豊富な照明師にとって明確な目標はむしろ当然だったかもしれない。京都での修業時代は日常の作業が終了した午後8時以降からが自らの勉強の時間であり、独創性への挑戦の場でもあった。  
三つの夢の一つ「個展の開催」は、独立して7年目の1986年に自宅工房で実現した。二つ目の広い工房「しょうみょうあん」は1989年に、三つ目のオリジナル作品集「礼拝佛の美」の出版は1995年に。そして現在は弟子の育成と仏像彫刻教室「しょうみょうあん教室」、「覚王寺教室」などに余念がない。

福井照明 作品
▲仏師一覧へ
お問い合せ