仏 像と仏師の世界 日本の仏教美術を今日に伝える名仏師たちとその作品 仏 像彫刻の鑑賞に役立つ知識情報も満載
現代の名仏師
次代を荷う仏師
なりたち
種類
制作技法
年代別制作年表
仏教の主な宗派
お仏壇の飾り方
日常の仏教語
制作依頼・購入
お問い合せ
仏像一覧
如来の部 菩薩の部 明王の部
天の部 その他諸尊 その他
仏師 江場琳黌・琳觀
作品のご紹介
阿弥陀如来   地蔵菩薩   十一面観音   蘭陵王

阿弥陀如来

 

地蔵菩薩

 

十一面観音

 

蘭陵王

詳しく観る   詳しく観る   詳しく観る   詳しく観る
作者のご紹介
仏 師 江場琳黌   仏 師 江場琳觀

琳黌・琳觀父子が歩む
1300年の仏像彫刻の継承。
煩悩消滅の願いを込めて―。

全作品を観る

松久朋琳・宗琳師の「琳」をいただき雅号とする

父の江場琳黌師は昭和33年、15歳で伯父服部三之助師に師事、23歳で京都の大仏師松久朋琳の門をたたき、仏性を具現化した仏像彫刻の技法と精神を学ぶ。その後48年に現在の愛知県長久手町に工房を構え、55年には朋琳師の「一人一仏」の意を継ぎ、一般の方にも広く指導することを目的とした草仏会を発足させる。      
長男の琳觀師は幼少から父の背中を見て育ち、自然に仏師の道を志す。平成4年、18歳で松久宗琳佛所の内弟子として入門し仏像彫刻の奥深さを学ぶ。琳黌・琳觀父子は現在、江場佛像彫刻所で仏像制作・修復のかたわら、彫刻教室を開催するなど、後継者の指導・育成に努めている。

Profile
 

江場琳黌(えばりんこう)

 
1943年

愛知県に生まれる。本名 義一

1958年

仏師・服部三之助師に師事

1965年

大仏師・松久朋琳師に師事

1973年

愛知県長久手町に江場佛像彫刻所設立、京都佛像彫刻研究所

・愛知支部となる
1980年

仏像彫刻の愛好会「草仏会」を発足

1993年

真言宗智山派智積院より大仏師号を拝受

現在、長久手町文化財保護委員、NHK文化センター講師、中日文化センター講師、「草仏会」主宰ベルギー展など展示会開催及び出展・入賞多数、全国の寺院への謹刻及び仏像修復多数

Profile
 

江場琳觀(えばりんかん)

 
1973年

愛知県に生まれる。本名 亘

1984年

第5回草仏展(名古屋市博物館ギャラリー)に大黒天を出展。

以後も出展を続ける
1990年

松久宗琳師に指導を受け入門の許可を得る

1992年

大仏師松久宗琳佛所に内弟子として入門

1997年

ベルギーのブリュッセル、ワーテルローの父琳黌の個展に

十一面観音、聖観音等を出展

2001年

松久宗琳佛所の修業を終え独立。翌年「琳」をいただき雅号を

琳觀とする

現在、工房で父、門弟と日々仏像に向かう

愛・地球博で3mの仁王像の彫刻を父子で実演

「1000年スパンのものづくり〜仏像と森〜」(瀬戸会場市民パビリオン)をテーマに仁王像の制作過程の彫刻を実演する江場琳黌師・琳觀師父子。 この企画は仏像依頼元である彌勒寺はじめ、木曽森林管理署など、多くの企業・団体のプロジェクトの協力のもとに実現したもの。寄木造りの仁王像の公開制作は8月29日(月)〜9月22日(木)まで。阿吽形2体の完成時の大きさは3m。

仏 師 江場琳黌・琳觀
▲仏師一覧へ
お問い合せ