仏 像と仏師の世界 日本の仏教美術を今日に伝える名仏師たちとその作品 仏 像彫刻の鑑賞に役立つ知識情報も満載
現代の名仏師
次代を荷う仏師
なりたち
種類
制作技法
年代別制作年表
仏教の主な宗派
お仏壇の飾り方
日常の仏教語
制作依頼・購入
お問い合せ
仏像一覧
如来の部 菩薩の部 明王の部
天の部 その他諸尊 その他
仏師 岩本凌慶
作品のご紹介
地蔵菩薩像   准胝観音像   持国天   大日如来像

地蔵菩薩像

 

准胝観音像

 

持国天

 

大日如来像

詳しく観る   詳しく観る   詳しく観る   詳しく観る
作者のご紹介
仏師 岩本凌慶  

高雄曼荼羅(国宝)の大日如来像の静かさの内なるエネルギーに感銘

全作品を観る

大仏師・松久朋琳、宗琳の内弟子となる

子ども時代から絵を描くのがの好きで、仏画をよく見様見まねで模写 をしていました。しかし、彫刻の方がより実在感がありインパクトも強く、高雄曼荼羅(国宝)の大日如来像の静かさの中にあるエネルギー(パワー)に深い感銘を受けたのが、仏師を目指した発端です。その後、京都の大仏師・松久朋琳、宗琳の内弟子になり、京都芸術大学の彫刻の教授であった故山本恪二先生から彫塑の指導を3年間受けました。私の仏師としての使命は「礼拝の対象としての仏像を作ること」が基本的姿勢です。

Profile
 

岩本凌慶(いわもとりょうけい)

 
1952年 東京都世田谷区に生まれる
1976年 日本大学文理学部心理学科卒業
京都の大佛師、松久朋琳・松久宗琳の内弟子となる
1984年 千葉県成田山新勝寺の大宝塔内五大明王像のうち
大威徳明王像作成を最後に独立
1984年〜1985年 高野山真言宗摩山天王寺復興の為の佛像制作に携わる。
(共同制作)
1986年〜2000年 大阪念法真教小倉山金剛寺の佛像制作に携わる

寺院のご本尊から在家の仏壇の仏像まで“礼拝の対象としての仏像”を彫り続ける

私の東京の実家は神棚はありましたが、特に信心深い家ではありませんでした。祖父が亡くなられた時に建具屋を家業にしていた父が自分で仏壇を作っていました。美術や彫刻に興味を持っていた私は、江戸時代の彫刻家として著名な高村光雲の作品を見てこれはすごいと思い、以前から興味を持っていた仏教にも関心を持つようになりました。大学に入学してからは彫刻に少しでも役立つと思い、解剖学をとり、そして同時に内弟子になる前から松久朋琳先生の通 信添削の指導を受けながら、仏像彫刻を始めていました。仏像作りは私の生き甲斐であり、体の続く限り彫り続けたいと思います。

仏師 岩本凌慶
▲仏師一覧へ
お問い合せ